洋服選びはTPOを意識しておくと失敗しにくい!


まずは、TPOについて説明します。

TPO(ティーピーオー)とは、「Time(時間)」「Place(場所)」「Occasion(場合)」
タイム、プレイス、オケーションの頭文字(Time,Place,Occasion)T・P・Oをとったもので、
時と場所と場合という、状況把握に必要な3つの要素という意味です。

簡単に言えば、時と場所と場合に応じた服装などの使い分け、という事ですね。

TPOを意識しておくと場違いなファッションにならない!

「場違いなファッションにならないように、TPOを常に意識しておく事」、こんな事を
言われてみたり、また、聞いたことありませんか?

特に、ファッション(洋服)に興味がない方にとっては、何のことやら?ってなるかも
しれませんし、そもそも、洋服に興味がない方にとっては服選びも大変ですよね。

それにTPOを意識なくてはならないとは言っても、服に興味がないもんですから、結局
「どういった服を着て行ったらいいのか分からない」と困ることも多いと思います。

そこで今回、失敗しないファッションを着こなすためには、どういった事に気をつけたら
いいのかお伝え致します。

スポンサードリンク

ファッションで気をつけなければならないのはTPOに合わせる事!

まず、ファッションで気をつけたい事、気をつければいけない事、それはTPOに合わせる事。

TPOとは、上記でも説明しましたが「Time(時間)」「Place(場所)」「Occasion(場合)」
の事ですよね。

例えば、同窓会に行く場合を例えてみましょうか!

同窓会が開催される場所や会場が、ホテルだったり、居酒屋だったり、レストランなどで
行われる場合、これらは訪れる場所に応じて着るアイテムを替える事になります。

ちなみに私服で失敗する人は、訪れる先の雰囲気と合わない着こなしをしているケースが
多いのです。

ホテルで開かれる同窓会に、Tシャツにジーンズ、スニーカーという非常にラフな格好で
訪れたり、逆に居酒屋のくだけた雰囲気の場所に、ジャケットとスラックス、革靴という
姿で行ったりする。

あなたはどう思いますか?

なんか違和感があると思いませんか?

つまり、行き先に合うアイテムを選ぶだけで、こうした失敗を回避する事ができます。

ホテルが最もかしこまった場所で、居酒屋が一番カジュアルな場所という位置づけになります。

具体的に言うと、もしホテルならジャケットと長袖シャツ、チノパン、革靴を組み合わせた
ジャケパンスタイルというように、ホテルのかしこまった雰囲気にも合います。

では、レストランならどうでしょうか?

レストランの場合は、シャツやポロシャツにチノパンなどを合わせるのが、適切服装の1つに
なるでしょう。

フォーマルとカジュアルについて

フォーマルとカジュアルかの線引きは、上半身に着るものに襟があるかないかで
決まると言われています。

つまり、襟があるとフォーマル寄り、ないとカジュアル寄りという考え方です。

その点、シャツやポロシャツは、ジャケットよりもリラックスして着られますが、
襟があるために少しフォーマル印象になります。

なのでホテルと居酒屋の中間的な位置付けのレストランにはピッタリと言われています。

また、居酒屋の場合も同窓会ですので、やはりレストランと同じようにシャツやポロシャツ
でも問題ありません。

これがTPO(ティーピーオー)で、時と場所と場合に応じた服装などの使い分け、という事
なんですね。

TPOの服装に関するまとめ

たとえ話をしてきた中で、なら、仕事で着るスーツが多いから、どこでもスーツを着ていれば
間違いないだろう?と思われる方もいるかもしれません。

仕事の途中の昼食はファミレス、仕事の帰りは居酒屋に、直接行く事もあると思います。

確かにそうですね、そのような場合はスーツでも問題ないと思います。

ただ普通に考えれば、居酒屋やファミレスであれば、カジュアルなファッションの方が
しっくりくるでしょう。

また逆に、結婚式やその二次会などで普段着で出席したら、場違いな感じになりますので、
基本的には冠婚葬祭では、やはりスーツが適切と言えます。

このように、あなたが着て行くファッションを選ぶ際には、TPOに合わせた服選びが必要に
なります。

なのでまずは今日、どういった雰囲気の場所に出かけるかを考える事です。

そして、その場所に相応しい服選びを行っていくという事になります。

決して、自分の趣味趣向からではありません。

その場に合うという視点から、洋服選びをします。

そうすれば、「場違いなファッションをしてきてしまった!」という失敗を避ける事ができる
んですよ。

スポンサードリンク