中年のファッション!この先年をとっても身なりは小奇麗にしていたい!


周りを見渡してみると、中年、いや高齢になってもファッションがイケてる人って
あまり見かけませんよね?

私ももう50近くなっているもんですから、何気に心の中で年をとってもオシャレをしたい!

自分が着る服は、50過ぎても、60、70歳以上になっても自分で選んで似合う服をいつまでも
着ていたい!そう思っている自分がいました。

この先ず~っと年をとってもオシャレに着れる服、決めています!

若い時は若い服が似合う服、中年になれば中年に似合う服、もちろん高齢者になっても
そうなんですが、実は共通して一生着れる服、もう自分の中では決まっています。

それはYシャツです。Yシャツは若くても年をとっていてもそれなりに着れる服です。

カジュアルにも着れるし、ちょっとお堅いそれなりのでごと等の時にも最適です。

ただ、こうは言ってもいつでもどこでもYシャツって言うわけではないですよ!
ここがピンとくる人はくるのですが、ピンとこない人もいるかもしれませんね。

話は戻しますが、YシャツはYシャツでもその中でもっとオシャレに着こなせるYシャツ、
それが「クレリックシャツ」です。

このクレリックシャツというのは、基本襟と袖(スカフ部分)が白(他の色もあり)
であるYシャツの事です。

またこのクレリックシャツの事を「カラーセパレーテッドシャツ
カラーディファレントシャツ」とも言うそうです。

で、このクレリックシャツは、ドレスシャツの中でも特にドレッシーなシャツであり、
一枚羽織るだけで、知的で華やかな印象になります。

最近は多くのビジネスマンもこのクレリックシャツを何気に着ている方も多くなりました。

ただ、クレリックはクレリックでも着こなしによっては、あまりオシャレを感じない人も
私自身見かけた事もありました。

なので全ての人がこのクレリックシャツを着ればオシャレかというと、そうではないのですが、
それでも普通のYシャツに比べれば格段にオシャレです。

スポンサードリンク

クレリックシャツは上品でドレッシーに見えるので男女からも評価も高い!

私はこのクレリックシャツに出会って、そしてこのシャツをオンリーで着るようになって
カレコレ20年以上なるのですが、その期間にクレリックシャツを着て行って色んな経験を
しました。

というのも、結論から先に言えばクレリックシャツは通常のノーマルなYシャツに比べると、
男性にも女性にも好印象だったという事です。

具体的には男性の場合、「そのシャツどこで売っているの?」とか、「そのシャツネクタイ
外しても普通に着てもカッコいいな!
」とか言っていました。

一方で女性の場合は、スナックやラウンジ等に飲みに行っていた時、付いてくれた女性が
そのシャツオシャレですね!」とか「そのシャツ着ている男性を見るとキュンってきます!
とか「可愛い」とか「上品でオシャレ」とか「ドレッシーですね」とか言うんですよね。

また、結婚式なんかの2次会では新婦の方の女性の友人の方から「そんなシャツはどこで
買っているんですか?
」とか、「そのシャツ私の主人にも着せたい」とか、まっ、この
ように好印象だという事には違いありません。

後私の場合、こういう経験もさせて頂きました。

飲みに行く時のファッションは大事だったりする?

2018年7月23日

この経験は本当に自然な展開で私自身もこういう恋愛もあるんだな~って思いました。

夏は暑いけどYシャツは長袖がいい理由!これ本当に大事です!

夏は確かに暑いです!当たり前です、夏ですから!

それはさておき、中年は若い時のようにモテ度も落ちている事には間違いない!
普通にそう思う事で、ほとんどの方が経験すると思うんです。

顔は老化するし、若い時のようにはいかない!体も老化するし、若い時のようにはいかない!

でも、ファッションは年をとりません。

なので、中年になっても、高齢になっても「年相応の身だしなみ」を心がける事で
どうにでもなります。

キーワードは「オシャレなおっさん」「年をとっても清潔に見られる」「センスがいいおっさん
年をとってもこんな感じでいたくありませんか?

私の見解ではあるんですが、これは意外と簡単です。その1つにオシャレなYシャツを
着る事です。

そのオシャレなシャツというのが、特に「クレリックシャツ」です。

ココで1つのポイントとして、オシャレに着れるYシャツでクレリックシャツといいましたが、
これは夏でも長袖のシャツを着る事!これがポイントです。

なぜ、夏でも長袖を着らなくてはいけないのか?って思われた人、ハッキリ言ってオシャレに
興味がない人と言わざるを得えません。

ただ、これには決まりがあるわけでもなんでもありません。夏にYシャツの半袖を着ようが
構いません。

でも、オシャレな人って、結構こういう部分をさりげなく自然にできる人なんですよ。

つまり年をとっても、これらを自然とできる事で「いつもオシャレですね」って言われる
ようになるんです。

ちょっとした事なんですけど、私にとってはものすごく大事に思っている部分です。

ちょっと話をもとに戻すんですが、夏でも長袖を着る!これには理由がもちろんあります。

半袖のYシャツって基本裾口がダボッとしています。そして腕との間に大きな空間が
できていますね、つまりココなんです、二の腕がまるまる見えて半袖Yシャツを着ていて
一番といっていいほど素敵に見えない部分なんです。

腕が鍛えられて、日焼けしたたくましい二の腕を出す分には申し分ないかも知れませんが、
多くの男性の方はそうではありませんよね。

大人の男性が、その二の腕を見せると、私が思うに何となくだらしなく見えてしまい、
清潔感も漂わない、つまりなんかいかにも「おじさん」といった雰囲気が漂ってしまう
という事です。

せめてビジネスシーンでは、大人の男性の方は二の腕をだす事には慎重になった方がいいと
思っています。

クレリックシャツの腕まくりはさらに上品で好印象!

2018年8月1日

こういうところでオシャレができているか、できていないのかが差がつくんですよね。

ココで話してきた事は、中年になっても高年になっても、自然に「オシャレですね」と
言われている方の1つのコツです。

こういう事が自然にできているからこそいつの時もオシャレって言われ続けるんです。

これらがすべてではありませんが、参考にして頂ければ幸いです。

スポンサードリンク