平服でお越しくださいと言われた時の結婚式の服装は?


結婚式に招待された時に平服でお越しくださいと書かれていると、どんな服装でいくか
ピンとこない人もいるでしょう。

平服と聞いて浮かんだ服装が正しいのか知っておけば、マナー違反にならずに済みますよね。

平服でお越しくださいと言われた時の就活での服装は?

2018年9月29日

平服でお越しくださいと言われた時の法事や葬式での服装は?

2018年9月30日

平服でお越しくださいって書いてあるけど平服ってなに?普段着?

平服は文字通りに読んでしまうと普段着と勘違いしがちですが、略礼装という意味です。

平服の意味は日常の衣服や普段着という意味ですが、招待状に書かれている場合は勘違い
しないようにしましょう。

結婚式などの場だとフォーマルな服装がほとんどですが、略式の礼装でいいよという意味に
なります。

意味を勘違いして普段着やカジュアルな恰好でいくと、冷たい目で見られるので注意しましょう。

また平服指定だからと、結婚式のマナーを無視するのもダメです。

男女ともに最低限のマナーは守ってください。

スポンサードリンク

平服でお越しくださいってどういう意味?どんな時に使う言葉?

結婚式の二次会や懇親会の招待では平服でお越しくださいと書かれていますが、
かしこまった場ではないという意味です。

正装で来ていただくほど堅苦しい会ではありませんから、気軽にきてくださいねという
意味ともとれます。

ただし平服でお越しくださいと書かれている場合、会社などの集まりではどんな服装を
着てくるか試している場合もあります。

意味を知らないと肌の露出が多い服やダメージジーンズのような傷がある物など、相手に
失礼にあたる服装を着てしまうことも。

平服指定の場合はハリウッド映画のパーティーのような燕尾服などではなく、少し
カジュアル感のあるスーツなどが良いでしょう。

スーツで来るなという意味ではないので、スーツで出席しても恥ずかしいことはなく、
式の意図からも十分略礼装になります。

平服でお越し下さいはゲストにくつろいでほしいという意味もこめられているので、
スーツやワンピースでも略礼装といえます。

正礼装ともいわれるフォーマルな服装で出席すると、反対に失礼にあたるので注意が必要です。

振り袖や留め袖・アフタヌーンドレスとイブニングドレスも正礼装になるので、平服指定の
場には着ていかないようにしましょう。

タキシードや燕尾服も正礼装になるので結婚式では新郎新婦と同格になり、平服指定の
場では失礼な服装ということに。

平服は場の雰囲気に応じながら場のマナーを守りつつ、普段着は避けて失礼のないように
選ぶ必要があります。

平服でお越しくださいと言われた時の服装は?

普段着で行くと失礼だし正装・正礼装でいくのは大げさだという場合、その場に合った
格好で出席するようにしましょう。

極端な話ですが結婚式の二次会に平服でお越しくださいと言われているのに、黒一色の服装で
出席するの失礼です。

どんな服装で行くか悩んだときは、以下のように自分の服装を分けてみましょう。


★普段着・家でくつろいだりコンビニや近場の買い物で気軽に着ている服装
★よそ行きの服・デートや上司・仕事関係での食事などで着ていく綺麗な服装
★平服・よそ行きの服ほどカジュアルではなく、その場の雰囲気を壊さない
落ち着いた服装

最近の流行りではデートファッションもカジュアルデザインが多く、区別が難しくなっている
場合もあります。

男性でも女性でも初デートや目上の人との用事の場合、よれたTシャツやぼろぼろのジーンズは
選びませんよね。

男性の平服でお越しくださいと言われた時はどうする?

男性の平服では、スーツからインナーまで黒で統一するのは絶対にやめておきましょう。

お祝いの場がほとんどですが、平服指定でも好きな服装で出席していいわけではありません。

女性の場合はどうする?

女性なら白のドレスはさけて、露出の高い服装も控えましょう。

たとえば、動物柄のワンピースなどもマナー違反になります。

毛皮やファーもマイナスイメージが強いので、不向きです。

マナーを守りつつ略礼装で出席するのが、平服でお越しくださいと書かれている会場の
マナーになります。

平服でお越しくださいと言われた時の結婚式の服装は?

平服選びのポイントは招待された場のマナーを守りながら、固すぎない服装で整えて出席
することです。

会場とゲストの顔ぶれを確認して一緒に出席する人と相談し、失礼の無い略礼服を選びましょう。

ネイビー・ブラック・ベージュなどの色は人気のドレスカラーなので、色に悩んだら三色から
選んでみるのもいいですね。

男性の平服ってどんな物?燕尾服とかタキシードは違うんでしょ?

平服指定での男性の服装の基本は、ブラックスーツやジャケットとスラックスの合わせなどです。

結婚式の男性平服は、ダークスーツにワンポイントで明るめのポケットチーフを合わせたり
する場合が多いですね。

ダークスーツにフォーマルなネクタイを合わせることで、華やかさもあるけれどシンプルな
コーディネートが完成します。

結婚式の雰囲気によっては、ジャケット&パンツスタイルもオススメです。

仲の良い友人だけの結婚式に向いているでしょう。

二次会は平服でお越しくださいという場合でも、ジャケット&パンツスタイルはフォーマル
すぎず失礼がありません。

ダークスーツに蝶ネクタイを合わせるスタイルも平服になるので、ワンポイントのおしゃれを
楽しみたい男性にはベスト。

ただしネクタイの色とポケットチーフの飾りはケンカしない色にしないと、バランスが
悪くなってしまいます。

どうしても服装が決まらない時は、男性の場合ビジネススーツでも問題ありません。

平服指定の場合は上下デザインが揃っていなくても大丈夫ですが、式場の格式や規模に
合わせる必要はあります。

冬場に平服指定の結婚式に呼ばれた場合は、トレンチコートやステンカラコートなどの
シンプルなデザインの物を選びましょう。

結婚式マナーにあるファーや革素材のものは避けて、シンプルなコーディネートがオススメです。

女性の平服指定ってどれを着ればいいの?花柄とかはNG?

男性より女性の平服は幅が広いですが、一般的にはキレイ目のジャケットスタイルや
ワンピースが良いとされます。

最近ではパンツドレスもおしゃれで人気のファッションなので、ネイビーパンツドレス
のようなカラーチョイスもありです。

花柄もハデすぎなければ問題がなく、会場の雰囲気にあった花柄スカートなら女性らしい
ドレスコーデになります。

ただし柄物の場合はデザインや色合いに気を使わないと、カジュアルコーデとみられて
しまうので注意しましょう。

アンサンブルスーツなら固すぎず女性らしさも演出できて、小物でトータルコーディネートも
楽しめます。

黒色のストッキング・タイツ・素足は悪い印象を与えがちなので、覚えておくポイントです。

女性の場合オススメなのはレンタルドレスで、いつも同じドレスを結婚式に着ていきたくない
方に利用してほしいシステムです。

有名ブランドのドレスでもお手頃価格でレンタルできて、店員と相談しながら選べるので
マナー違反になることもありません。

ロングヘアの女性の場合は髪型も大切で、ヘアセットをしないそのままの髪型はマナー違反
と言われています。

ノーメイクもマナー違反だと言われていますが、メイクは会場に招待されているゲストの
顔ぶれで決めましょう。

平服指定でも途中で直す必要のないメイクを心がけておけば、場の雰囲気を崩すことも
なくなります。

何度も席を立つことになるメイクの場合、新婦じゃないんだからと冷ややかな目でみられる
こともありますからね。

平服指定の結婚式の二次会もマナーがある?結婚式の平服とは違うの?

結婚式の二次会では場の雰囲気に合った服装を選ぶのがポイントで、結婚式の平服選びと
大きな差はありません。

結婚式も二次会も平服指定の場合は、一度家に帰って着替える必要がない場合もほとんどです。

二次会だけ平服指定の場合は二次会会場がどんな場所なのかを調べ、高級なレストランなどの
場合はフォーマルな服装になります。

レストランやバーで平服指定の二次会がある場合は、少しカジュアルに寄せて大丈夫です。

居酒屋やカラオケの場合は普段着で行きがちですが、少し綺麗目なカジュアルを意識すると
いい印象をもたれるでしょう。

二次会とはいえお祝いの場なので、Tシャツにジーンズのような普段着はマナー違反に変わり
ありません。

結婚式の二次会に平服でお越しくださいって書いてあるけど、男性はどんな服装?

男性ゲストの平服指定はダークカラースーツが基本なので、ブラック・ネイビー・グレーの
スーツを選びましょう。

平服指定の場合はドレスコードの指定がないということなので、男性の服装の基本はスーツに
なります。

ホテルなどで二次会が行われる場合は、ブラックやダークグレーの落ち着いた色のスーツに、
白のシャツが基本の組み合わせです。

平服指定なのでスーツを白から淡いブルーやなどに変えることで、華やかさを演出するのも
いいですね。

合わせるネクタイは無地やストライプのシンプルな物がいいとされていて、シルバーや水色
などの明るい色が向いています。

ベルトや靴に悩んだ場合は黒革の物を選び、胸元にポケットチーフで少しの演出を加えて
トータルコーデを楽しみましょう。

レストランやバーになるとスーツカラーはグレーやネイビーが好まれていて、ストライプが
入っているおしゃれな物もいいですね。

ホテルなどと比べるとシャツやネクタイの色や柄も比較的自由なので、ネクタイをしなくても
大丈夫な場合が多いです。

フォーマルな二次会との違いはネクタイカラーで、シルバーなどより明るいイエローや
ピンクでもカジュアルな演出が楽しめます。

ポケットチーフをする場合はネクタイをせずに、かしこまりすぎないコーディネートを
心がけてください。

ネクタイピンやカフリンクスでもおしゃれを楽しめますが、新郎新婦より目立つ服装は
絶対にさけてましょう。

居酒屋やカラオケはさらにカジュアルによせた服装ですが、ジャケットにパンツを合わせる
くらいで大丈夫です。

ただあくまでお祝いの席なので、ジャケットを着てキリッとしている雰囲気を出したほうが
オススメ。

平服指定の結婚式二次会は会場の雰囲気に合った服装をするのがポイントなので、会場ごとに
コーディネートを楽しんでください。

友達の結婚式の二次会が平服指定なんだけど、女性はどんな服なの?

結婚式の二次会はパーティーのようなものなので、しっかりおしゃれしたい女性もたくさん
いますよね。

女性の結婚式二次会の時の平服は、パーティー会場の雰囲気で選ぶと良いでしょう。

挙式や披露宴が行われたホテルでそのまま二次会が行われる場合には、フォーマルな服装で
出席するのがマナーになります。

シルクやサテン生地のドレスやワンピースがいいとされていて、無地のほうがフォーマル度が
高くなっています。

会場が同じ場合は披露宴にふさわしい服装で参加して、平服指定と言われても着替えずに
そのまま出席して大丈夫です。

二次会の会場がレストランなどに移動する場合は、少し気崩して結婚式とは違うコーディネート
を楽しみましょう。

パンツスタイルのセットアップでクールな大人の女性を演出したり、小奇麗なワンピースでも
失礼になりません。

披露宴から二次会に参加する人の場合は着替えるのも大変なので、羽織っている物を
カジュアルダウンするだけで平服になります。

ボレロをきて挙式に参加したけれど二次会では丈が短めのジャケットに変えると、ほどよい
カジュアル感が演出できます。

ホテルなどのフォーマルな場からカフェやバーなどに二次会会場が変わる場合は、ドレスや
着物はちょっと浮いてしまいます。

少し大変ですが一度着替えてから参加したほうがいい場合もあり、スカートにブラウス合わせる
だけでもワンピースに着替えるだけでも大丈夫です。

カフェや居酒屋にフォーマルドレスや和服で参加してしまうと、居心地が悪くなってしまう
可能性もあります。

部屋着や普段着よりも小奇麗な服装で出席すれば、カジュアルな二次会の場で浮いてしまう
こともありません。

しかしカジュアルな二次会会場といっても、場の主役は新郎新婦なので最低限のマナーは
守りましょう。

奇抜なデザインや派手すぎる色・せっかくの機会だから買った服でいくという考えは捨てて、
目立ちすぎないコーデをしてください。

胸元を強調したりスカート丈が短すぎるのもマナー違反なので、平服でもおさえるべき
ポイントはおさえておきましょう。

平服は正装と違って特定の服装を選ぶ物ではないので、選び方がとても難しくなっています。

マナーを知って場にあった色を選び、迷った時は友人やショップに相談してから出席しましょう。

スポンサードリンク