平服でお越しくださいと言われた時の就活での服装は?


最近の就活では服装自由・平服でお越しくださいなどのような、どんな服装かイメージが
わかない物も多いですよね。

平服でお越しくださいと言われて、私服で行くのは間違いです。

失礼のない服装はどんな物か知っておきましょう。

平服でお越しくださいと言われた時の結婚式の服装は?

2018年9月28日

平服でお越しくださいと言われた時の法事や葬式での服装は?

2018年9月30日

就活の平服でお越しくださいってなに?普段の服装じゃないんでしょ?

就活を行っている方はリクルートスーツを用意しますが、突然平服でお越しくださいと
言われる場合もあります。

平服は普段着とは違い会社の面接なので、街を歩くようなファッションはやめておきましょう。

就職活動の平服指定はカジュアルすぎずリクルートスーツでもない物を指す、とても
あいまいな物です。

平服でお越しくださいと企業から伝えられた場合は、スーツでいくか襟付きの白シャツが
いいでしょう。

平服指定の意味はスーツで来ないでねという意味ではなく、スーツで来た方が良いけど
堅苦しくない場所という意味です。

ただしクリエイティブ業界や美容業界、アパレル業界のように個性やセンスを問われる
業界は別です。

自分のセンスや個性が大きく評価される業界の場合、自身を表現できる私服で行く方が
正解の場合もあります。

アパレル企業やデザイン業界は、選考の一部として志望者のセンスを見ている場合があります。

一般企業の場合は清潔感を感じるきれいな服装で、個性が評価される業界は自分らしい服装を
心がけましょう。

また平服は、会場の雰囲気を崩さない服装という意味もあります。

浮いた服装でいかない限り、印象が悪くなることはありません。

スポンサードリンク

どうして企業は平服指定をするの?

平服を指定する企業はどんな服装でくるか見ている場合もあり、ある意味アナタは
試されています。


★平服指定にしたらどんな服でくるのか
★堅苦しい場所ではないからリラックスして来てほしい

ほとんどの企業は以上二つのどちらかの意味で、平服でお越しくださいと伝えてきます。

一般的には入社式みたいに堅苦しくないから気軽に来てという意味が多いですが、わざと
平服指定している場合も。

平服は普段の服装だと思ってラフな服装でくる志望者を、会場に来ただけで合否を決める
ために指定しています。

平服指定の企業の場合はホームページや広告を確認して、社員がどんな服装をしているか
確認するのも大切です。

平服でお越しくださいと言われてアナタと企業の認識の違いをなくすために、事前調査を
しておけば安心できます。

広告などにうつっている社員と似た雰囲気の服装を心がければ、服装で浮くことはなくなります。

どうしても決まらない・よくわからない場合は、スーツで行くのが無難です。

社会人としての平服はスーツだと考える企業はとても多いので、ベターな選択肢とも言えます。

一般企業の平服指定はスーツで来てくださいと言っているのと同じなので、スーツ以外だと
マナーが悪いと思われます。

面接で平服可と平服指定の企業があるんだけど違いってなに?

アパレル業界やクリエイティブ業界であっても、平服可と平服指定の違いは知っておきたい
ポイントです。

平服可はスーツで来ても問題ないけど、平服でもいいよという意味です。

平服指定は、スーツはダメということになります。

指定は企業からの指示なので従わないと印象が悪くなり、面接で落とされる可能性が高いです。

平服で来てほしいと事前に伝えられているのにスーツで行く場合は、企業命令に反抗して
いると受け取られる場合もあります。

面接だからスーツじゃないと失礼だと考えがちですが、スーツはベターであってベストでは
ないと覚えておきましょう。

平服可の場合はスーツでも問題ありませんが、派手なアクセサリーやメイクは控えたほうが
いいです。

一般企業の面接でスカーフやストールをつけていったり、大きなアクセサリーを身に着けて
いくのは好まれません。

シンプルなコーディネートをして上品にまとめることが平服なので、派手になりすぎない
ように気を付けましょう。

結婚式などと違う就活の平服

就活以外の平服では比較的カジュアルな物でもいいとされていますが、就活ではカジュアル
すぎる物はNGです。

男性ならトレーナー・パーカー・ポロシャツはカジュアルすぎてしまい、ハデなジャケットも
カジュアルファッションになります。

チノパンもハデな色を選ぶとカジュアルになってしまうので、なるべく落ち着いた色で
カジュアルによりすぎないようにしてください。

男性でも女性でも絶対に避けたいのはTシャツやジーンズの組み合わせで、就活の面接では
ほぼ落とされてしまいます。

一般企業の面接で女性が避けたいのはホットパンツやミニスカート、ミュールなどの活発すぎる
服装です。

スニーカー・サンダルはオフィスカジュアルというより普段着なので、パンプスに合わせた
服装でまとめてください。

必要以上に胸元が空いていたり原色に近いジャケットはさけて、ミントグリーンなどの
あわく落ち着いた色が好まれます。

一般企業の平服面接は個性が強すぎると社風に合わないと見なされるので、崩しすぎた
コーディネートは絶対にやめましょう。

自分が気に入っている服で明るい気分で挑みたいという人もいますが、ビジネスカジュアルは
モラルやマナーが大切です。

面接時の男性の平服ポイント・スーツ

男性が平服で面接を受ける場合は黒・グレー・ネイビーのスーツが上品かつシンプルで、
好印象を与えます。

面接を受ける前にスーツの丈やサイズは必ずチェックし、面接官にだらしない印象を
与えないようにしましょう。

新しくスーツを買う場合は店員と相談しておくと、ぴったりのサイズや丈であわせられます。

カバン・ベルト・靴もスーツにあわせた物がベストなので、店員に相談するときに話して
おくとミスがありません。

就活時のネクタイの色は平服の場合も重要なので、営業系なら明るさをイメージしやすい
ネクタイがぴったりです。

知的なイメージがある企業なら青系のネクタイを選び、自分のイメージから離れすぎない
色を意識してください。

シルバーのネクタイは清潔感がありシンプルですが、真っ白な物や真っ黒な物は平服でも
スーツでもふさわしくありません。

平服でお越しくださいと示されている面接でも、基本的なマナーはリクルートスーツと同じと
考えてください。

シンプルで飾りすぎず清潔感があり、正装ほど堅苦しくない印象を与えることが大切です。

面接時の男性の平服ポイント・オフィスカジュアル

リクルートスーツ以外の平服を着ていく場合は、オフィスカジュアルでトータルコーディネート
しましょう。

ビジネスカジュアルとも呼ばれるコーディネートですが、スーツよりも柔らかくピシッとした
印象を与えるコーディネートです。

男性の場合はモノトーン系のジャケットや生地がしっかりしている物を羽織り、シャツは
清潔感のある白や青系を選びましょう。

ジーンズはカジュアルなのでチノパンを選び、シンプルなデザインの物で色は黒やベージュ
だとオフィスカジュアルといえます。

面接時には靴や靴下もチェックされているので靴は革靴を選び、靴下は黒や茶色のような
落ち着いた色で整えましょう。

ジャケット・袖付きシャツ・チノパン・革靴の組み合わせが無難なので、モノトーン系の色を
選べば平服からはずれることはありません。

ボタンダウンシャツやTシャツ・ジーンズなどのラフカジュアルは避けないと、平服ではなく
普段着になってしまうので注意。

夏場のオフィスカジュアルではサマージャケットがオススメですが、暑さに負けて腕まくりを
するのはやめておきましょう。

面接時の女性の平服ポイント・スーツ

女性の場合でもスーツで面接を受けるならシンプルなデザインが好まれるので、凝った
デザインの物はさけましょう。

男性と違いパンツとスカートの二種類がありますが、どちらを選んでも面接でマイナス評価を
受けることはありません。

ただし丈やサイズには注意が必要で、丈が短いスカートスーツで面接を受けると悪い印象を
与えてしまいます。

丈が長すぎるパンツではだらしくない印象を与えてしまい、短すぎても好印象を与えることは
ありません。

スーツを作ったことがある人は新しく作り、作ったことがない人も店員と相談しながら
ピッタリのサイズの物を選んでください。

スカートは座ったときに膝上5cm以内を目安に選びましょう。

また、柄入りのタイツなどはさけてください。

平服の場合でも無地のストッキングが基本になり、インナーは白のブラウスや落ち着いた
色のシャツがおすすめです。

バッグや靴などもハデすぎない物を選び、小物は小物として落ち着いているデザインを
選びましょう。

ファッション業界などの場合は別ですが、一般企業の面接では平服でも清潔感と誠実さが
求められます。

面接時の女性の平服ポイント・オフィスカジュアル

女性の場合はとても服装の幅が広いので、企業の雰囲気に合わせて自分の印象を変えるのが
大切です。

知的で活発な印象を狙うならシャツとパンツでシンプルに整えて、ボタンダウンや太目の
ストライプはさけましょう。

季節によってはネイビーやグレーのジャケットを合わせることで、知的な印象をさらに与える
こともできます。

スカートスタイルで面接を受ける場合は、ブラウスとスカートで上品かつ清楚にまとめることが
大切です。

寒い季節ならカーディガンを羽織ってオフィスの空気に合わせ、ノーマル丈の物を選ぶことで
清楚感を崩さないようにしてください。

スーツ以外の服装で行く場合、女性が最も気を付けたいのは、露出とアクセサリーです。

女性の場合は平服指定でも男性よりチェックされる部分が多く、香水は絶対につけないように
してください。

結婚式などの平服とは違い就活のアクセサリーは印象が悪いので、アクセサリーより服の色で
アピールするほうが好印象です。

髪型は必ず眉を見せるようにして活発な印象を与え、前髪を左右に流したりスプレーやピンで
固めておきましょう。

意外な落とし穴?就活の面接ではハイブランドが足を引っ張ることも

平服でお越しくださいと指定されている場合でも、ハイブランドのロゴが目立つ服装や小物を
持っていくのはさけましょう。

ブランドのロゴが主張するようなアイテムの場合は、マイナス要素が強くフレッシュさに
欠けると思われます。

ある程度年齢を重ねて転職をする人の場合は、ハイブランドの時計などを身に着けていても
年相応の印象を与えます。

社会人経験のない新卒生がハイブランドでまとめていると、背伸びをしていたり浮ついていると
受け取られることも。

面接ではアナタがビジネスの場にふさわしいかどうかを見ているので、ハイブランドで統一
していると印象はよくありません。

上質な生地のスーツやオフィスカジュアル・ビジネスカジュアルなら問題ありませんが、
ブランドロゴが目立つデザインは避けましょう。

平服指定の面接でも大切なのは落ち着いたシンプルなデザインなので、主張しすぎるアイテムは
減点対象です。

平服でお越しくださいと指示された場合でも、正装に近い服装で整えることが大切です。

面接時のマナーはスーツ指定の場合と比べても差はないので、シンプルで上品な服装を
心がけましょう。

スポンサードリンク