笑顔の印象は見える歯で決まる!


笑顔を見せたときに、以外に目立つのが歯の色!

自分では一生懸命歯磨きをしているつもりでも、知らず知らずのうちに
歯が黄ばんでしまうのはつらいですよね。

歯の着色汚れが気になって、笑顔を作れなかったり、上手く話せなかったり
することもあるのではないでしょうか。

普通の歯磨きで歯の黄ばみを取るのは難しいですが、歯を白くすることを
目的に作られた歯磨きジェルを使えば、自宅にいながら黄ばみを除去する
ことが可能です。

歯の黄ばみが気になる方は、是非チェックしてみましょう。

歯は着色汚れがつきやすい

毎日食後に3回丁寧に歯磨きをしていても、歯の着色汚れは起こります。

日頃飲食をするときに、着色汚れの原因となる食べ物や飲み物を口にすることが
多いからです。

例えば、次のような食べ物や飲み物が、着色汚れの原因になります。

★コーヒー
★紅茶
★赤ワイン
★トマトジュース
★カレー
★ビーツ

特に赤ワインやコーヒー、カレーは、汚れが付着しやすい代表的な食べ物や
飲み物です。

その他にも、色のついている食べ物や飲み物は注意が必要です。

でも、色がついていない食べ物や白い色の飲み物ばかり口にすることは
できませんよね。

水や牛乳、ご飯ばかりを毎日口にするのは、ほぼ不可能です。

ですから、飲食をするたびに、様々な食べ物や飲み物の色が歯について
しまうのです。

1度歯についた着色汚れは、口を水ですすいだり歯磨きをしたりするだけでは、
なかなか落ちません。

着色汚れ(ステイン)は、水に溶けないからです。

だからといって、研磨剤が入りの歯磨き粉で磨くと、歯の表面を傷つけるため
余計に着色しやすくなります。

歯の黄ばみを取るためには、着色汚れを落とす専用のアイテムを使う必要が
あるのです。

スポンサードリンク

歯を白くする方法

歯を白くする方法は、複数あります。

一般的には、次のような方法で歯を白くするケースが多いのでは
ないでしょうか。

★オフィスホワイトニング
★ホームホワイトニング
★デュアルホワイトニング
★マニキュア
★セラミック

ホワイトニングやセラミックは、歯科医院で行われるため、高い効果が
期待できます。

でも、オフィスホワイトニングでは強い薬剤を使うため、歯が染みたり
違和感を覚えたりすることも。

ホームホワイトニングの薬剤は弱めですが、薬剤をつけたマウスピースを
数時間つける必要があります。

ですので、毎日ホワイトニングをする時間を作らなくてはなりません。

セラミック治療では、自分の歯を削ってセラミックで作られた白い歯を
被せるため、健康な歯を削ることに罪悪感を覚える方もいるでしょう。

歯科医院でのホワイトニングやセラミック治療は保険適用外のため、
費用は全て実費です。

そのため、ホワイトニングに踏み切れなかったり、治療が続かなかったりする
ことも少なくありません。

マニキュアは手頃な価格なので、試しやすいでしょう。

でも、1週間ほどしか白い状態が持たないといデメリットがあります。

ホワイトニングにかかる料金の相場

オフィスホワイトニングなどの費用は基本的に保険が適用されませんが、
費用はどれくらいかかるものなのでしょうか?

ここからは、ホワイトニングにかかる料金の相場を見ていきましょう。

★オフィスホワイトニング…3~5万円
★ホームホワイトニング…2~4万円
★デュアルホワイトニング…6~8万円

一般的な歯科医院とホワイトニング専門の歯科医院とでは料金が多少異
なりますが、1回のホワイトニングにかかる料金は大体これくらいです。

オフィスホワイトニングは3~6カ月ほど、ホームホワイトニングは半年ほど
効果が持続するのが一般的。

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを
併用するため、大体1年ほど白い歯が持続すると言われています。

セラミック治療の場合は、1本あたり10万円ほどかかるケースも少なくありません。

ですから、歯科医院でのホワイトニングやセラミック治療をする場合は、
まとまったお金を用意しておく必要があります。

もっと手軽にできるホワイトニング方法もある

毎回高額な費用を捻出するのは難しいという方も、まだ諦めるのは
早いですよ。

歯医者に行ってホワイトニングをする以外にも、歯を白くする方法は
あります。

特殊な歯磨きジェルを使って、歯の黄ばみを取る方法です。

歯を白くするには研磨剤が役立ちますが、なるべく研磨剤は使わない
ほうが良いです。

研磨剤で磨くと、歯を磨いた直後は黄ばみが取れているように見える
かもしれません。

でも、歯の表面に傷がつきやすいので、食べ物や飲み物の色が
浸透しやすくなるのです。

研磨剤や清掃剤、重曹炭酸カルシウムなどと記載されていることが
多いので、確認しましょう。

ZEROクリスタルという歯磨きジェルには、研磨剤が含まれていません。

それにも関わらず、歯の着色汚れを落とすのに役立つのは、汚れを
浮かせて分解&除去する仕組みになっているからです。

着色汚れや細菌は、酸化チタンと酸化タングステンという成分によって
除去されます。

ですので、ZEROクリスタルを健康な歯につけた場合は、染みることは
ないでしょう。

研磨剤を使った後のように、歯の表面が傷つくこともありません。
(※歯ブラシの力加減によっては傷がつくこともある)

しかも、歯を磨くだけなので、ホワイトニングのために時間を確保する
必要もありません。

いつものように歯磨きをするだけなので、簡単ですよね。

ZEROクリスタルで歯が白くなる仕組み

では、酸化チタンや酸化タングステンは、どのようにして歯の着色汚れを
落とすのでしょうか?

以下に、歯の着色汚れが除去されるまでの流れをまとめました。

★歯の表面についた着色汚れ(ステイン)に酸化チタンと酸化タングステンが吸着
★青色LEDを照射
★光触媒という反応が起こる
★着色汚れが浮き上がって分解される

酸化チタンは、セルフホワイトニングでよく使用されている成分です。

また、実は数多くの化粧品などにも使用されています。

しかし、光触媒を発生させるためには、特定のライトを当てなければなりません。

歯の黄ばみを落とすためには、LEDライトを当てる必要があるのです。

一方で酸化タングステンは、太陽の光や蛍光灯などでも光触媒を発生させることが
できます。

そのため、セルフケアでも歯の着色汚れを落とすことが可能なのです。

LEDライトと一緒に使うのがおすすめ

ZEROクリスタルの歯磨きジェルを継続して使うだけでも、歯の黄ばみを
目立たなくさせることは可能です。

でも、LEDライトを当てれば、着色汚れを落とすだけでなく汚れがつかない
ように歯を保護することもできます。

配合されている成分には、次のような役割があるからです。

★酸化タングステン…汚れを浮かせて着色汚れを自動洗浄&細菌除去
★酸化チタン…青色LEDに当てることで、有害物質を分解。着色汚れを除去し歯をコーティングする
★ヒドロキシアパタイト…傷を埋めて修復&汚れが再付着するのを防ぐ

着色汚れを浮かせて分解し、浮き上がった汚れを包んで除去するため、
歯を傷つけずに着色汚れを落とすことが可能なのです。

でも、LEDライトつきの歯ブラシを別で買うのは面倒だし、歯磨きジェルの他に
費用がかかるのも嫌だな…と思っていませんか?

ZEROクリスタルのスタートセットには、LEDライトがついた電動歯ブラシも
ついています。

ですから、届いたその日からすぐに歯磨きジェルと歯ブラシを使うことができます。

被せものやインプラントにも使える

オフィスホワイトニングなどで使用されている薬剤は、治療後の被せものや
インプラントなどには使えません。

素材によっては、色が変色することもあるからです。

ですので、被せものの部分を避けてホワイトニングをすることになります。

もし、ホワイトニングをする前に差し歯などの治療をしている場合は、
差し歯の部分とホワイトニングをした歯に色むらができるでしょう。

それを避けるためには、差し歯などの治療をする前に、ホワイトニングを
する必要があります。

でもZEROクリスタルは、全ての歯につけることが可能。

差し歯などを気にすることなく、いつものように歯磨きジェルをつける
ことができます。

治療した経験が1回もない、被せものが全くないという方は少ないと思うので、
気にせずに歯磨きジェルをつけられるのはうれしいですよね。

インプラントなどの表面についた着色汚れも分解する作用があるため、ある程度
均一に歯を白くすることができるでしょう。

ZEROクリスタルは歯を白くするだけじゃない

歯の黄ばみを取りたい!という以外の、口の中の悩みもあるのでは
ないでしょうか。

例えば、虫歯や口臭などです。

年齢を重ねると、虫歯や口臭が発生しやすくなるため、加齢とともに口の中の
悩みは増える傾向にあります。

特に、朝起きたときの口の中のネバつきが気になる…という方は多いでしょう。

また、口呼吸をする方も注意が必要です。

起きているときは鼻呼吸をしていても、寝ているときに口を開けている方も
います。

口呼吸をすると歯が乾燥しやすくなるため、着色汚れもつきやすくなります。

また、口臭の原因にも。

ZEROクリスタルには、歯を白くするだけではなく、以下のような虫歯や口臭の
予防に役立つ成分も含まれています。

★特許成分ホスホリルオリゴ糖…初期虫歯回復成分
★ヒドロキシアパタイト…汚れの再付着予防
★リンゴ酸…再付着予防、ホワイトニング
★キシリトール…虫歯予防

ですので、口の中のトータルケアができるのです。

ZEROクリスタルだけで、ホワイトニングと虫歯予防、口臭予防ができるのは
お得感があってうれしいですね。

ZEROクリスタルを使った歯の磨き方

実際にZEROクリスタルを使うときは、次のようにして歯磨きを
しましょう。

★ZEROクリスタル歯磨きジェルを、歯ブラシで歯の表面につける
★青色LEDを歯に当てる
★歯をブラッシングして、汚れを除去する
★水で洗い流す




歯の隙間や裏側の汚れもしっかり除去するためには、正しい歯磨きの方法を
身につけることも大切です。

歯の表面をブラッシングするときは、歯に歯ブラシを90度の角度で当てて、
10回以上小刻みに動かしましょう。

歯をキレイにしたい!と思うと、つい力を入れて磨きがちですが、歯茎や
歯を傷つけることになってしまいます。

ですので、鉛筆を持つように人差し指と親指で歯ブラシを持ち、優しく
歯を磨きましょう。

歯と歯の隙間は、歯ブラシを縦に持ってブラッシングすると磨きやすいです。

奥歯も磨き残しをしやすい場所。

歯ブラシの先端を使って、歯の上と内側、外側をまんべんなく磨きましょう。

定期で購入すればお得

ZEROクリスタルは、単品で購入すると6,980円。

思っているより高い!と感じる方が多いのではないでしょうか。

でも歯を白くする目的の他、虫歯予防や口臭予防も期待できるので、
妥当な金額かもしれません。

ただし、はじめて購入する方は、定期コースに申し込めばもっとお得に
購入できます。

まず、定期コースについてくる特典を見ていきましょう。

★ZEROクリスタル歯磨きジェル
★LEDつき電動歯ブラシ
★替えブラシ(2カ月ごと)
★カラーチェックシート
★初回送料無料

これだけの特典がついて、初回の料金は89%OFFの1,980円です。

LED歯ブラシを単品で購入すると、12,800円。

でも定期コースに申し込めば、特典に含まれているので、購入する必要は
ありません。

かなりお得なことがわかりますよね。

また、2回目以降も、42%OFFの3,980円で購入できます。

もしクレジットカードで支払いをするのならば、2回目以降の送料も無料。

現金購入の場合は、2回目以降は500円の送料が発生するので注意して
くださいね。

飲食をする限り、歯の着色汚れは避けて通れません。

普通の歯磨きでは着色汚れを落とすことはできないので、歯を白くするためには
ホワイトニングをする必要があります。

でも、ホワイトニングは、時間や費用がかかるのが一般的。

ホワイトニングにかかる時間や費用を用意するのが難しいという方も多いですよね。

自宅で手軽にできるホワイトニングの方法があれば、もっと気軽にホワイトニングに
チャレンジできるでしょう。

ZEROクリスタルは、普通の歯磨き粉と同じように使えます。

汚れを浮かせて分解するので、薬剤が歯の中に染み込む際の痛みを感じることも
ありません。

その上定期コースにすればお得に購入できるので、ホワイトニングがはじめての方も
チャレンジしやすいです。

気軽に試せるホワイトニング方法で歯を白くして、自信を持って笑顔を見せて
くださいね。

ZEROクリスタル

スポンサードリンク