ワイシャツをクリーニングに出す頻度は?


ワイシャツをクリーニングに出す時にはどのくらいの頻度が最適なのか、気になる人は
多いでしょう。

ここでは、どのくらいの頻度がお勧めなのか、どのタイミングで出せば良いのかについて
お伝えします。

ワイシャツはどのくらいの頻度でクリーニングに出すのが正解?

ワイシャツを自宅で洗濯するとアイロンが面倒なので、クリーニングに出すという人は
少なくありません。

ただ、普通は1日着たら洗濯するものですが、一枚ずつクリーニング店に持っていく人は
いないでしょう。

とはいえ、汚れたワイシャツを何枚も家にためておくのも嫌なものですし、何よりも汚れが
落ちなくなりそうです。

皮脂や汗の汚れは、目に見えなくても繊維の間に入りこんでいます。

雑菌と結びつくと悪臭や黄ばみの原因にもなるでしょう。

汗などの汚れは日が経つほどに落ちにくくなるため、着用後3日以内にクリーニングに
出すのが理想的だと言われています。

しかし出勤前や帰宅時間に、クリーニング店が開いているとは限りません。

また、会社の近くで出すと持ち帰る時にも手間です。

もし3日以上置くことになる場合は、自宅で一度洗濯するのも一つの方法でしょう。

洗って干した状態でアイロンをかけず、再度クリーニングに出すということです。

お店によってはアイロンのみの利用も可能ですが、しわが多い場合は断られることも
あるそうです。

また、料金的にもそれほど安くならないため、クリーニングも含めて依頼した方が
良いでしょう。

普段は洗濯機で洗濯しているワイシャツも、シーズン終わりでしばらく着ない時は
クリーニングに出すのがお勧めです。

一年中着られる素材であればシーズンを気にする必要はありませんが、素材によっては
季節ごとに衣替えが必要です。

洗濯機では落としきれなかった汚れを残したままで、長期保管しておくと次に着ようと
思った時に黄ばんでいることもあります。

長くしまい込む予定があるワイシャツは、クリーニングに出した方が安心です。

ワイシャツは1日のうちでもかなり長時間着用しているものなので、色々な汚れが付いています。

着用のたびにしっかりと汚れを落とすことが長持ちさせる秘訣でもあり、清潔感を保つ
ために重要なポイントでもあります。

汚れが落ちにくくなる3日以上放置することがないよう、週に2回をクリーニングの目安に
すると良いでしょう。

休日に1週間分をまとめて出す人も多いようですが、それでは少なすぎると言えます。

自宅で洗濯している夏用、冬用などのワイシャツはシーズン終わりに1回が目安です。

クレリックシャツなど気にいったものもあるでしょう。

長く着続けるためには、最低でもこのくらいの頻度でクリーニングに出すようにしてください。

スポンサードリンク

忙しいサラリーマンでも利用しやすいクリーニング店とは?

お店の営業時間と仕事の時間が合わないことは、クリーニング店を利用するサラリーマンの
悩みでもあります。

こうした悩みを解決してくれるのが、最近急増している宅配クリーニングサービスです。

荷物を受け取る時間すら取れないと思うかもしれませんが、これらのサービスでは深夜や
早朝の配達も行っています。

地域によって提供されるサービス内容は変わりますが、コンビニからクリーニングする
ワイシャツを送ることもできます。

また、自宅の宅配ボックスを利用した受け渡しも可能なので、帰宅時間がバラバラの人でも
安心して利用できます。

荷物の宅配よりも細かく時間指定できたり、翌日仕上げが可能だったりと忙しい人に嬉しい
サービスも少なくありません。

アプリや専用サイトから簡単に会員登録できるので、利用方法も難しくありません。

受け付けは、24時間対応の場合がほとんどです。

時間のある時に、申し込みだけ済ませておくこともできるでしょう。

汚れのひどいワイシャツについては店舗型のクリーニング店同様に汗や染み抜き、特殊加工
なども依頼できます。

クリーニングに出す際も専用の箱やバッグに詰めるだけなので、何の準備も必要なく気軽に
利用できます。

サービスを提供しているのはクリーニング専門店がほとんどなので、仕上がりについても
不安はありません。

宅配してくれるという以外は、店舗型のクリーニング店と同じサービスを提供していると
考えて良いでしょう。

集荷や配達についてもほとんどの地域で無料となっており、クリーニング代以外の費用の
心配も不要です。

わざわざ交通費をかける必要もないため、自宅近くにクリーニング屋がない人にも利用価値の
高いサービスと言えるでしょう。

休日をつぶしてクリーニングを出したり、受け取ったりという手間をかけることもなくなります。

もちろん、ワイシャツ以外も依頼できるので衣替えの際にはまとめてクリーニングにも出せます。

季節ものの衣類などの保管サービスもあるので、クローゼットが洋服でいっぱいになることも
ありません。

宅配クリーニングを利用することで洗濯の手間だけでなく、衣類を管理する手間も省けるのは
大きなメリットと言えるでしょう。

店舗への持ち込みと宅配クリーニングのどちらがお得?

便利な宅配クリーニングサービスですが、クリーニング代が高いのではと心配する人も
いるかもしれません。

店舗型のクリーニング店では通常ワイシャツ一枚当たりのクリーニング代は100円~200円
ほどで、平均すると150円前後です。

競合店が多い地域ではこれより安くなることもありますし、逆にチェーンではない個人経営の
店舗では高くなることもあります。

宅配クリーニングの場合は、200円~1000円以上と業者ごとの料金には大きな差があります。

これは衣類の種類に関係なく、パック料金としてサービスを提供している業者が多いからです。

コートでもワイシャツでも一律に扱われるため、パックでサービスを依頼すると高くなる
ことがあります。

ただし、通常はワイシャツを個別で依頼した場合の料金も設定されているため、パックと
上手に使い分けることが大事でしょう。

単純に平均的な価格だけを見ると、店舗を構えるクリーニング店の方が安いのは間違い
ありません。

自宅の近くにお店があり、営業時間内に問題なく行ける場合は店舗を利用した方が良い
でしょう。

ただ、会社勤めをしていると店舗型クリーニング店の安さよりも、宅配の利便性の方が
メリットになることも少なくありません。

営業時間に間に合わず着ていくワイシャツがなくなる心配をせずに済むのは、
宅配クリーニングです。

帰宅途中に荷物になる洋服を受け取る手間もありませんし、お店の開いている時間に慌てて
取りに行く必要もなくなります。

自宅で都合の良い時間に受け取れて、汚れた衣類は箱に詰めて送るだけという手軽さは
店舗型クリーニング店にはないものです。

平均的なクリーニング代の差は、店舗型と宅配型でわずか数十円ほどとも考えられます。

1か月あたりでは約1000円程度と思っても良く、これで自由に使える時間が増えると思えば
決して大きな差額ではないでしょう。

店舗の場合は、有料になるボタンつけや毛玉取りなどを無料で行ってくれる宅配クリーニング
業者もあります。

無料のサービスによっては、クリーニング代以上に価値のある宅配クリーニング業者を
見つけることもできるでしょう。

ワイシャツをクリーニングに出す理想的な頻度を考えると、宅配クリーニング業者の利用価値は
かなり高そうです。

クリーニング店を選ぶ時には、料金以外にどんなサービスが付加されるのかという点で比較
してみるのも良いかもしれません。

スポンサードリンク