ファッションセンスいいねって言われるワイシャツ!


センス良く見せるためのワイシャツ選びにはサイズやカラー、生地やデザインなど色々な
ポイントがあります。

仕事の時もお洒落に手を抜かない、センスの良さを感じさせるシャツ選びのコツについて
お伝えします。

ワイシャツをセンス良く着こなすコツ

スーツと合わせるワイシャツは白で襟の形は角度が120度くらいのワイド、180度くらいの
ホリゾンタルワイドが一般的です。

どんな会社でもこの定番を抑えておけば、ビジネスマンとしての着こなしに間違いはないと
言えるでしょう。

襟の形によってネクタイの結び方が変わりますし、スーツのVゾーンの印象も異なります。

ワイシャツをセンス良く着こなすためには、スーツやネクタイとのバランスも大事だと
いうことです。

ただ、定番のシャツをさり気なく着るだけでも、お洒落に見える人とそうでない人が
いるのも確かです。

その違いは、仕立ての良さや生地の質感によって変わってくると言えます。

品質の良くないシャツと定番ながら質の良いシャツは、一目でわかるものです。

上着を着ている時には特に襟元が目立ちますが、質の良いシャツはスーツの胸元にも
しっくり馴染みます。

逆に縫製が雑で生地も薄いシャツは、Vゾーンが悪目立ちしてしまうということも覚えて
おきましょう。

また、サイズが合っているかどうかもセンス良く見せるための重要なポイントです。

ボタンがはち切れそうな身頃や肩の縫い目が内側に入り過ぎていたり、肩が落ちていたりと
いうのではお洒落に見えません。

ゆったり着こなすカジュアルなシャツと違い、スーツのワイシャツはジャストサイズが基本です。

太ってしまって、サイズが合わなくなったワイシャツを無理矢理着ている人も見かけますが、
首周りが窮屈そうに感じます。

どんなに高級でお洒落なデザインのシャツでもサイズが合わなければ、センス良く着こなして
いるとは言えません。

体型が変わったなと思った時は思い切ってワイシャツを買い替えることも必要です。

スポンサードリンク

どんなワイシャツならお洒落に見える?

ワイシャツはどれも似たようなデザインしかないと思っている人もいますが、襟や袖の形が
変われば全く雰囲気が違ってきます。

少しカジュアルなシャツ選びもできる社風なら、ボタンダウンもこなれた感じを演出できる
でしょう。

ホリゾンタルカラーはクールビズの季節にも最適でノーネクタイ、ノージャケットでも上品に
見えます。

前立て部分にだけチェックやストライプ柄が入ったワンポイントデザインも、クールビズには
お勧めです。

綿や麻などのナチュラルな素材は、どんな年代の男性にも似合いますし、織り方で着心地も
変わります。

無地に見える白のワイシャツで織り地が立体的なものは、さり気ないお洒落にもピッタリでしょう。

派手な色や柄は仕事向きと言えませんが、サックスブルーや薄いピンクはビジネスでも好感を
持たれる色です。

白シャツを選ぶ人が多いからこそ、カラーシャツを着こなすことでファッションセンスを良く
見せることもできます。

どんな色のスーツやネクタイにも合わせやすいので、カラーシャツを試したことがない人も
一度試してみてはいかがでしょうか。

一枚でコーディネートが決まるのはクレリックシャツ

ワイシャツのデザインの中でも難易度が高そうなクレリックシャツですが、
ファッションセンスの良さを認めさせるには最適なアイテムでしょう。

身頃と襟、袖の配色が異なるクレリックシャツは着てみると派手になり過ぎず、インパクトの
あるシャツです。

顔の周りに明るい白を置くことで顔色を良く見せる効果もあり、清潔感のある着こなしが
できます。

また、身頃の色はビジネスシーンにも合うブルーなどの他に、ネイビーやストライプ柄など
色々選べます。

上着を着ていても襟元と身頃の配色の違いがわかるので、ワイシャツに気を使っていると
見てもらうこともできるでしょう。

さらに上着を脱いだ時にもコントラストの効いた配色のクレリックシャツは、一枚で
コーディネートが決まります。

英国紳士の間で大流行したデザインという歴史もあり、ワイシャツの中では特に上品に
見えるのも特徴の一つです。

ノーネクタイでも襟元が閉まって見えるので、だらしなさを感じることはありません。

クールビズの時期には、クレリックシャツが活躍する機会も増えそうです。

襟の形は他のシャツと同じく色々あり、スーツやネクタイと合わせて選ぶこともできます。

また、ドレッシーな印象のクレリックシャツをさらに上品に見せてくれるのが、
ピンホールカラーの襟元です。

左右の襟をピンで留めるタイプの襟はビジネスシーンだけでなく、結婚式の二次会などにも
着用できます。

特別な日にも着られるワイシャツとして一枚持っておけば、TPOをわきまえたお洒落が
できると一目置かれること間違いなしです。

仕事できるワイシャツは色や柄に制限がありますが、サイズやデザイン次第でセンス良く
見せられます。

今まで定番の白シャツしか着たことがない人は、クレリックシャツやカラーシャツに挑戦
してみるのも良いかもしれません。

スポンサードリンク