ワイシャツのアイロンがけ自分でやっていますか?


オシャレにカッコよくワイシャツを着こなしているような人であっても、ケアに関しては
奥さん任せにしていませんか?

特に家事を分担しており、洗濯をしている場合でもアイロン掛けに関しては奥さんだけが
行っているケースも多いと言われています。

しかし、アイロン掛けはワイシャツをよりよく見せるための重要な作業です。

さらにアイロン掛けを率先しておくことで、夫婦関係もこれまでとは異なる展開を見せる
可能性があるでしょう!

ここではワイシャツのアイロン掛けのコツや、男性自身が行うメリットをご紹介していきます。

意外とパートナー任せのワイシャツのケア

既婚男性の場合、家事や身の回りの雑務は全てパートナー任せという人は今も多いものです。

家事を分担している夫婦でも、アイロン掛けまで自らするケースは希少と言われています。

洗濯機を回したり、洗濯物を干す、たたむといった行為は行っているような男性でも、
アイロン掛けまでは思いつかないケースもあるでしょう。

洗濯機はボタンを押せば洗濯を開始できます。

対照的にアイロン掛けは、1枚ずつ丁寧に作業する必要があります。

衣類にまつわる家事の中では、どちらかといえば面倒な作業に分類されるでしょう。

しかし、だからこそ男性自身が担いたいものです。

そもそもアイロンを掛けたワイシャツは見栄えをより良くしますし、ビジネスシーンに
おける自分自身の印象を大きく左右してくれるアイテムです。

このため、購入時には自分で吟味に吟味を重ねて、女性にも人気があるクレリックシャツ
などを取り入れている男性も多いものです。

しかし購入後は奥さん任せにして、ケアを全て丸投げしていたのでは意味がありません。

クレリックシャツのように自分自身が気に入って購入したアイテムであればなおさら、
アイロンまで含めて自分自身でケアしておきたいものです。

スポンサードリンク

アイロン掛けの苦労を知っていますか?

ワイシャツのアイロン掛けを奥さん任せにしている人の場合、アイロン掛けの苦労を何も
知らない人も多いでしょう。

アイロンを掛ける際には、当然ながら熱が発生します。

冬場ならばまだしも、夏なら夜間であってもまだまだ暑いため、そのような環境の中で
暑さに我慢しながら行わなければいけません。

しかもワイシャツは毎日着用するものですから、アイロン掛けも毎日かもしれません。

また、着ていくワイシャツが途切れないようする必要があるでしょう。

洗濯や乾燥中で、明日着ていくワイシャツがないという事態にならないように奥さんは
急いで乾かしたり、アイロンによって乾燥を速めるような努力もしている場合があります。

そのため、男性が就寝した後も手間暇を惜しまず働いてくれているのです。

もちろんアイロン掛けをしない奥さんもいるでしょう。

しかし、アイロンを掛けないワイシャツはシワも生まれてしまいます。

せっかくカッコいいワイシャツを持っていても意味がありません。

仮にそのようなパートナーをお持ちであれば、なおさら自分で行っておくべきです。

夫婦仲を良好なものにする方法として認識

アイロン掛けは数多くある家事の中のひとつです。

最近は男性が家事を担うこともありますが、アイロン掛けに関してまで男性がしている
という家庭は少ないでしょう。

しかし実践することによって、その後の夫婦関係をより良くしていくことも不可能ではない
と言われています。

夫婦の関係性は様々でしょうが、日々顔を合わせていることで新婚当初とは異なる形の
関係性に至ってしまっているカップルは多いものです。

改善する方法は様々なものがありますが、ひとつ覚えておきたいのが率先して家事を手伝う
姿勢です。

実際女性の中には夫のアイロン掛けを、毎日文句を言わずに行っているものの、内心では
面倒臭く感じている場合が多いのです。

必要な行為とはわかっているものの、来る日も来る日もアイロン掛けとなれば、そこに
嫌悪感のようなものも出てくるわけです。

結果、その面倒臭いという思いが夫に対して向かってしまいます。

さらなる関係悪化となったり、些細なことで夫婦ケンカに発展するようなことも想定
されるでしょう。

そのため男性自身が自らの手でアイロン掛けをおこない、奥さんの不満を取り除く努力を
してください。

すべて任せきりにしていた場合、言いだすのは覚悟が必要ですが、1度始めてしまえば
楽しめる場合も多いと言われています。

そもそも、ワイシャツを着用するのは奥さんではなく、自分自身なのです。

その点を意識し、これまでは奥さんに任せていたことを反省し、自分のものは自分でケア
していく姿勢を貫きましょう。

まとめ

オシャレに気を使ったワイシャツを愛用しており、クレリックシャツなどを持つ男性は、
アイロンなどの手間も含めて自分自身でアイテムのケアを行っていきましょう。

夫婦でいると奥さんにこうした細かい作業を任せてしまいがちですが、毎日行うとなれば
相当な労力になります。

奥さんの中に不満がたまっている可能性もあります。

ガス抜きをする意味でも、率先してアイロン掛けは男性がしましょう。

今後も仲良く夫婦で暮らしていくために、ぜひ検討してみてください。

スポンサードリンク