ワイシャツをオーダーだとどんな感じに仕上がる?


既製品のワイシャツは首周りや裄丈を基準にしているため、全ての人にジャストサイズと
いうわけにはいきません。

そこで、最近増えているワイシャツのオーダーメイドに注目し、どんな仕上がりになるのか
について調べてみました。

自分に合ったサイズで作れるオーダーメイド

オーダーメイドでワイシャツを作れるお店は実店舗型とオンライン型があり、どちらにも
メリットとデメリットがあります。

また、オーダー方法にはフルオーダー、パターンオーダー、イージーオーダーなどがあり
店舗によって選べる方法が違います。

オーダーメイドする際には、どこまで自分の好みや体型に合わせられるのか対応可能な
オーダー方法を知ることが大事です。

店舗でオーダーするメリットは正確に採寸してもらえることですが、お店に行く手間が
かかるデメリットがあります。

一方のオンライン型では来店不要ですが、一人では正確に採寸するのが難しいかもしれません。

最も自分好みのワイシャツに仕上がるのは、実店舗でのフルオーダーでしょう。

サイズや生地、デザインなど全てを一から選べるうえに、専門家が必要な部位のサイズを
計測するので間違いがありません。

もちろん、オンライン型でもフルオーダーは可能ですが、サイズを測り間違えるとぴったりの
ものが出来上がりません。

パターンオーダーやイージーオーダーの場合は、何が選べるのかお店によって違いがあります。

初めてのお店を利用する際にはサイズが選べる部位や生地の種類、デザインの種類などの
確認が必要です。

オンライン型で失敗せずにサイズを伝えるためには、手持ちのワイシャツでぴったりのものの
実寸を測ってみるのが一番です。

一度オーダーすればサイズを保管しておいてくれるので、2回目以降は採寸の手間を省く
ことができるでしょう。

もちろん、体型が変わった時には再度測り直したサイズでもオーダーでき、いつでも体に
合ったものが着用できます。

スーツ用のワイシャツは少しタイトに、カジュアルに着たい時は緩めにといったシーンに
よるサイズ感の使い分けも可能です。

これまで既製品しか購入したことがなく、フィット感に不満を感じていた人もオーダーなら
満足できるはずです。

男性にとって最も着用時間の長い洋服とも言えるのが、ワイシャツでしょう。

着心地が悪く、スーツの中でも何となく収まりが悪いと感じている人はオーダーメイドを
試してみる価値がありそうです。

スポンサードリンク

ワイシャツをオーダーメイドするメリット

ワイシャツをオーダーメイドする最大のメリットは、体に合う着心地の良いものが
作れることです。

着心地の良さは、実は見た目にも大きく影響するポイントと言えます。

ワイシャツは首周りのサイズや袖丈など、どこか一か所が体にフィットしていないだけでも
だらしなく見えます。

スーツから襟が浮きあがっていたり、袖口からワイシャツの袖が見えすぎたりすると不潔に
見られることもあるかもしれません。

仕事の場では過度なお洒落は必要ありませんが、清潔感があることは大事です。

第一印象で不快感を持たれてしまうと、上手くいく仕事も失敗することが考えられます。

実際に清潔かどうかではなく、洋服のサイズ感で悪い印象を持たれてしまうと、仕事では
大きなマイナスポイントです。

オーダーメイドのワイシャツには、周囲の人に清潔な印象を持ってもらえるというメリット
もあります。

また既製品の場合、デザインは好みだけれど色や素材が気に入らないということも少なく
ありません。

オーダーすれば、同じデザインで素材や色を変えたワイシャツを作ることも可能です。

季節に合わせて素材だけを変えるなど、着心地が良くスーツに合わせやすいシャツを揃える
こともできます。

フルオーダーの場合は、襟の形や高さ、カフスの幅など全てを組み合わせることもできます。

組み合わせのパターンは数億以上というショップもあり、人と同じものを着たくない人にも
オーダーメイドがお勧めです。

店舗では見つけにくいクレリックシャツや、スタンドカラーシャツもオーダーなら思い通りに
作れます。

気になる価格も選ぶ素材によって多少違いはあるものの、一般的な既製品より数千円程度
高いだけです。

パターンオーダーやイージーオーダーのできるオンラインショップでは、既製品より安い
ものもあります。

もちろん、製品に問題があるわけでなく、店舗を構えないことで中間マージンが省けるため
低価格が実現しているだけです。

選べるパターンが限られることも多いようですが、既製品にはない自分だけのワイシャツが
作れる点に違いはありません。

サイト上では具体的なイメージが画像で確認できるので、全くイメージ違いという心配も
ないでしょう。

ネットでオーダーしても大丈夫?

初めてネットでワイシャツをオーダーする時には、仕上がりや注文方法に不安があるでしょう。

また、気に入らなかった時やサイズが合わなかった時の返品や交換が可能なのかについても、
気になるところです。

こうした対応はショップによっても異なるため、最初に確認が大事です。

ネットオーダーに多い失敗はサイズを測り間違えることですが、この場合は返品や交換の
対象にならないことがほとんどです。

ただし、仕上がりのサイズが明らかに違う場合は、送料なども店舗負担で交換や返品に
応じてもらえます。

一度注文したものの変更は基本的に不可ですが、ボタンなど細かな変更は対応可能なことも
あります。

オーダー後に変更したい点に気づいた時は、できるだけ早めに連絡を入れて対応できるか
聞いてみると良いかもしれません。

サイトによってはオーダーした人の口コミなども記載されているため、仕上がりや対応に
ついて調べておくと良いでしょう。

一つ注意したい点は、ワイシャツのオーダーには時間がかかるという点です。

パターンオーダーでも最短で2週間、フルオーダーの場合は1か月以上かかることもあります。

どうしても着たい日が決まっていて急ぎで仕上げてもらいたい時や、確実に受け取れる日を
知りたい場合も、事前連絡しておきましょう。

基本的にオーダー順に作成するショップが多いようですが、別料金で特急仕上げに対応して
もらえることもあります。

比較的、手ごろな価格でオーダーできることも多いですが、選ぶ生地によってはスーツ1着分
ほどになることもあります。

正式にオーダーする前には、選んだ生地を使った場合の仕上がり価格をきちんと確認して
おきましょう。

ネットでのオーダーはメールや電話でのやり取りが主になるため、不安な点があるのも当然です。

できるだけ安心して注文できるお店を選ぶためには、実績があるかどうかを確認することも
重要でしょう。

老舗のシャツメーカーやブランドでも、オンライン型のオーダーを受け付けています。

製品にも対応にも満足できるショップを選ぶことで、安心して自分だけにフィットする
ワイシャツオーダーができるはずです。

初めてでフルオーダーするのは心配というのであれば、パターンオーダーやイージーオーダー
から始めるのも良いでしょう。

色々なオーダー方法に対応している店舗があるので、気にいったらフルオーダーで利用
してみてはいかがでしょうか。

ネットでの買い物は実物が見られない不安が大きいものですが、ワイシャツのオーダーと
なればさらに心配になるでしょう。

ただ、最近はオンラインオーダーを利用する人も多く、仕上がりにも満足しているようなので
一度利用してみても良さそうです。

スポンサードリンク